遺伝子

「アンチエイジングの研究」「疲労度セルフチェック」【団克昭プラセンタ研究レポート31】

講演会

団 克昭博士の講演会が東京で開催されました。 講演会では、プラセンタの研究成果の発表に留まらず、自分の疲労度を測るセルフチェックの時間も設けられていました。 病気の予防やアンチエイジングに繋がる情報が盛りだくさんな講演会の内容をレポートにしましたので、ぜひご覧ください。 テーマ『病気にならない体づくり~予防医学の重要性~』 一般社団法人国際毛髪抗加齢医学学会・一般社団法人国際抗加齢免疫医学学会 理…続きを読む

双子なのに能力差!? 遺伝子では説明できないメカニズム

双子

ふたつに分かれた受精卵から生まれ、同じDNA(遺伝子)を持つ「一卵性双生児」。DNAが同じなら能力も同じと思われがちですが、そうではありません。 実際には能力差のある双子がたくさん存在しています。 その理由には、DNAでは説明できないメカニズムが関係しているといいます。 今回は、プラセンタ特別講演会でも紹介された「一卵性双生児の能力差」についてお伝えいたします。 能力が劣っていても、努力次第で才能…続きを読む

遺伝子だけでは説明がつかない「エピジェネティクス」【団克昭プラセンタ研究レポート28】

エピジェネティクス

テーマ『病気にならない体づくり~予防医学の重要性~』 一般社団法人国際毛髪抗加齢医学学会・一般社団法人国際抗加齢免疫医学学会 理事長 団 克昭 博士 特別講演会 受講場所:ホテルニューオオタニ 受講期間:平成28年10月4日(13:00から15:00) ノーベル賞を受賞したオートファジーの研究とは? 大隅良典先生がノーベル医学・生理学賞を受賞したとして話題の「オートファジー(Autophagy)」…続きを読む

ノーベル化学賞受賞「DNA修復のメカニズムの解明」とは?

dna修復

ノーベル賞は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従ってつくられた賞です。 2015年のノーベル化学賞は、トーマス・リンダール博士、ポール・モドリッチ博士、アシス・サンジャール博士が受賞しました。 受賞テーマは「DNA修復のメカニズムの解明」です。 プラセンタ特別講演会でも、2015年ノーベル化学賞を受賞した研究について紹介されていました。 「遺伝子エラーを修復する原理…続きを読む

「健康の定義とは?」「超高齢化社会、日本」【団克昭プラセンタ研究レポート19】

健康と高齢化

受講テーマ『病気にならない体づくり』 慶應義塾大学 医学部 漢方医学センター 団 克昭博士特別講演会 受講場所:新大阪ワシントンホテルプラザ 受講期間:平成28年1月13日(13:00から15:00) 健康の定義とは? WHO(世界保健機関)が発足したとき、「健康」は「完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態」と定義されました。これは、病気でなければ健康ということではなく、体も心も健康で、且つバラ…続きを読む

DNA修復のメカニズムの解明【団克昭プラセンタ研究レポート17】

遺伝子

受講テーマ『病気にならない体づくり』 慶應義塾大学 医学部 漢方医学センター 団 克昭博士特別講演会 受講場所:ANAクラウンプラザホテル福岡 受講期間:平成27年11月4日(13:00から15:00) DNA修復のメカニズムの解明 ノーベル賞は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従ってつくられた賞です。スウェーデンの科学者・実業家であるノーベルは、ダイナマイトなどの…続きを読む

病気のかかりやすさがわかる? 遺伝子検査ってどうやって選べばいいの?

遺伝子検査

「病気のかかりやすさや、体質などがわかる」と話題の遺伝子検査。 近年、遺伝子検査の分野への参入企業が増加しており、それに伴い遺伝子検査の種類が増えてきているのが現状です。 種類が増えたことは、目的に応じて使い分けることができるというメリットと考えられる反面、どの遺伝子検査を選択すればいいかを迷ってしまうというデメリットとも考えられます。そのため、自分がどの遺伝子検査を選べばいいのかを悩んでいる方も…続きを読む

国際抗加齢免疫医学学会の遺伝子検査では、何がわかりますか?

検査

弊社取扱いプラセンタ製品の共同開発者である団克昭博士。団博士が理事長を務める国際抗加齢免疫医学学会では、健康長寿を全うするという基本姿勢のもと、アンチエイジングを主体に免疫についての研究を行っています。 最近の研究では、健康長寿を妨げる病気の発症に、遺伝要因と環境要因が関係していることが判明しています。そこで、まず遺伝要因である遺伝子異常について検証しようとはじめたのが、遺伝子検査でした。 今回は…続きを読む

非分解プラセンタを用いた研究【団克昭プラセンタ研究レポート13】

国立がんセンター

受講テーマ『これまでの研究と、病気にならない体作り』 慶應義塾大学 医学部 総合医科学研究センター 団 克昭博士特別講演会 受講場所:新大阪ワシントンプラザホテル 2階 桜の間 受講期間:平成27年7月3日(13:00から15:00) 団克昭博士の取り組み 団博士の研究は、難病を薬で治していく化学療法から始まり、癌(がん)の免疫療法へとシフトしてきました。化学療法と免疫療法は研究の二大柱だったと、…続きを読む

「ストレートネックとは?」「予防医学とプラセンタ」【団克昭プラセンタ研究レポート12】

英国ケンブリッジ大学が選ぶ、世界700万人の医療関係者から特に医療の進歩に貢献した「近代医学の世界の100人」に認定された国際毛髪抗加齢医学学会・国際抗加齢免疫医学学会の現理事長である、団 克昭博士の講演会が福岡で開催されました。 ついに団博士のもとに、「近代医学の世界の100人」の賞状が届いたそうで、会場にも賞状が飾られていました。これは、団博士が世界的に認められた証です。 今回のプラセンタ特別…続きを読む