アトピー・アレルギー

要警戒! 春だけではない花粉症の脅威

約60種類の花粉

春から夏へと季節が変わり、花粉症のシーズンは終わったと思っていませんか? 実は、花粉症は春だけのものではありません。 たしかに、気象協会が発表している花粉前線によると、スギとヒノキの花粉は3月から4月がピークです。 しかし、花粉は地域や季節によって異なるものの、1年中飛散しているといいます。 そのため、スギやヒノキの花粉以外にも免疫反応を起こしてしまう体質の場合、春が終わっても花粉症対策を続けなく…続きを読む

死菌になったナノ乳酸菌が腸内環境を改善!その効果は?

死菌で腸内改善

「生きて腸まで届く乳酸菌」というフレーズを聞くと、お腹の調子を整えてくれる食品や飲料のコマーシャルを思い出します。 近年、腸内細菌が人の健康に与える影響が次々と明らかになってきている中、「生きたままで届く菌」というのはなんだかよさそうに聞こえます。 実際、私も毎日ヨーグルトを食べます。 しかし、最近の研究で「殺菌して死菌となったほうが効果が高い乳酸菌がある」とわかってきました。 乳酸菌は「生菌」「…続きを読む

腸内フローラは、予防医学の主人公になりうるかもしれない

腸内フローラ

いまから2年以上前の2015年2月22日、NHKスペシャルで「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」という番組が放送されました。 大変な反響を呼んだそうですが、そのときの私はまだ健康情報に疎く、「予防医学」「統合医療」などという言葉さえ知りませんでした。 しかし最近、「腸内フローラ」に関する記事を書くことになりそうだと色々勉強していたら、その秘めたる可能性に驚くことになりました。 私は幼少期から、…続きを読む

目には目を、花粉には花粉を! 舌下免疫療法で花粉症を軽減できるかも

花粉症治療

あなたの一番好きな季節はどれですか? アンケートでは、約4割の人が「春」と答えたそうです。 日本では四季折々の植物や食べものがありますが、春は芽吹きの季節でもあり、希望が感じられますね。 けれど、花粉症の人に同じことを聞いたらどうでしょうか。 重い症状を持つ人なら、春は天敵とも言えるかもしれません。 花粉症対策は年々進化していますが、いたちごっこのように花粉症の患者は増加しており、今では日本人の4…続きを読む

「花粉アレルギー」「プラセンタの可能性」【団克昭プラセンタ研究レポート2017年3月】

花粉症

団 克昭博士の講演会が東京で開催されました。講演会では、プラセンタの研究成果の発表に留まらず、この季節ならではの花粉症にまつわる情報も紹介されました。花粉症のメカニズムや対処法など、すぐに実践できることから、専門的なデータまで説明いただきました。病気の予防やアンチエイジングに繋がる情報が盛り込まれた講演会の内容をレポートにしましたので、ぜひご覧ください。 テーマ『病気にならない体づくり~予防医学の…続きを読む

「不調」はどの程度受け容れるべきか。アトピー、疲れやすさ、不眠、うつ傾向、便秘など

生命とは物質が罹患した病である。 これは、上田岳弘という作家の『異郷の友人』P26に登場する一文です。 彼が言うように、人間という生命が存在するということは、個人差はあれど何かしらの病(少なくとも不調)を抱えて生きていくということなのかもしれません。 未病の百貨店 「未病」とは、まだ病気というほどではないけれど、このまま放置すればいずれ病気になってしまうかもしれない状態です。 最近では、この「未病…続きを読む

「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを治した話【その5(最終回)】

ステロイド

これまで、私のアトピー遍歴をお話してきました。 最終回の今回は、「私なりのステロイドとの付き合い方」をお話しようと思います。 以下の記事も併せてご覧ください。 娘のアトピーが、健康に関心を持ったきっかけだった 「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを治した話【その1】 「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを治した話【その2】 「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを…続きを読む

「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを治した話【その4】

仲良し

以下の記事も併せてご覧ください。 娘のアトピーが、健康に関心を持ったきっかけだった 「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを治した話【その1】 「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを治した話【その2】 「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを治した話【その3】 帰国後の生活 留学で大きく体調を壊した私は、前にも増して食生活に気をつけるようになりました。 というか、肉…続きを読む

「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを治した話【その3】

留学

幼少期〜大学に入るまで、ずっと手のアトピーに悩んできました。 治まったり、また症状が出たりしていた私のアトピーですが、あることをきっかけに心身の健康を大きく損なうほど悪化してしまいました。 それが「留学」です。 以下の記事も併せてご覧ください。 留学先でまさかの落とし穴! 食物アレルギー 大学3年生の夏からおおよそ九ヶ月、あこがれのスウェーデンに留学していました。 そこで、思わぬ壁が私を待ちうけて…続きを読む

「お前と手を繋ぎたくない」と言われた私がアトピーを治した話【その2】

フライドポテト

思春期の子どもにとって、アトピーは精神的にもとてもつらいものです。 幼少期からアトピーに悩まされてきましたが、成長するにつれてだんだんとアトピーの存在を無視するようになっていきました。 それはアトピーの苦しみから解放されたのではなく、ほかに考えることが増えたからです。 以下の記事も併せてご覧ください。 小康状態にあった中学生の頃 成長にしたがって免疫力がつき、中学校に上がった私のアトピーは少し収ま…続きを読む