プラセンタ

ミトコンドリアを増やすメリット・デメリット

「ミトコンドリア」は、細胞の中にある小器官です。老化、がん、生活習慣病に関わるエネルギー工場であるといわれています。ミトコンドリアは、ひとつの細胞に数百~数千も存在しており、細胞の内膜と外膜に含まれています。今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「ミトコンドリアを増やすメリット・デメリット」についてお伝えします。 ミトコンドリアの役割 エネルギー産生が主な役割で、生活習慣病やがんだけでなく、アル…続きを読む

話題沸騰中の腸内細菌。「乳酸菌が腸まで届く」は正しいのか?

最近、腸内細菌に注目が集まっており、乳酸菌を含む食品が多数販売されるようになりました。テレビコマーシャルなどで「乳酸菌が生きて腸まで届く」といった表現を聞いたことがある人もいらっしゃるでしょう。 しかし、研究者の間では「腸まで届く」とは確実に言い切れないのが現状で、腸まで届いたほうがいいのかどうかに関しても賛否両論だそうです。今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「乳酸菌」についてお伝えします。…続きを読む

非分解プラセンタは通常プラセンタと何が違うのか?

プラセンタを使った製品には、さまざまなものがあります。そのなかで、「非分解プラセンタ」と「通常プラセンタ」があるのをご存じでしょうか? 今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「非分解プラセンタと通常プラセンタの違い」についてお伝えします。 大きな違いは殺菌方法! 大きな違いのひとつが殺菌方法です。非分解プラセンタは、古くから使われる「低温殺菌」という手法で殺菌されています。低温殺菌は、L.パスツ…続きを読む

認知症は不治の病?進むプラセンタの研究

「認知症は不治の病」などと呼ばれるように、改善が難しい症状です。薬が処方されたとしても、その薬は「治す」ものではなく進行を「遅らせる」もの。認知症ご本人やご家族にとって、生活に支障をきたすこともあり大きな問題です。今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「認知症とプラセンタ」についてお伝えします。 そもそも、認知症とは? 「認知症」は、加齢による物忘れではありません。脳の細胞が死んでしまったり、働…続きを読む

「スプリングキャンペーン」開催のお知らせです

こんにちは! いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 「スプリングキャンペーン」開催のお知らせです。 今月は、新規で「定期購入」又は「年間契約」をお申し込みいただくと、お申し込みと同じ商品を1点プレゼントいたします! ※(2018年4月26日までのお申し込みに限ります) 商品のお申し込み・お問い合わせについては下記のお問合せフォームまたはお電話(06-6356-2220)より受付ておりま…続きを読む

生命の誕生に欠かせない「胎盤」の神秘に迫る!

「胎盤(プラセンタ)」は、受精卵が着床後に細胞分裂してできるものです。胎盤には、蛋白質やアミノ酸、ビタミン、ミネラル類、各種の酵素など人間を構成するほとんどの成分が含まれています。 胎盤は生命の誕生に欠かせない臓器です。今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「生命の誕生に欠かせない胎盤の神秘」についてお伝えします。 妊娠のメカニズム~卵子と精子~ 胎盤の説明をする前に、卵子と精子についてお話しま…続きを読む

プラセンタ療法の情報が満載!『医師たちが選んだプラセンタ療法』

プラセンタとは「胎盤」という臓器のこと。プラセンタには、蛋白質、アミノ酸、核酸、酵素、必要な水分を保つムコ多糖体、成長因子などを含み、新陳代謝を促します。そのほか、体の調子を整えるミネラルやビタミンなど三大栄養素の働きをスムーズにしたり、エネルギーとなる脂質、脳や神経系の働きに必要な糖質が含まれていたり、体に足りないものを補ってくれます。 このような豊富な栄養成分が含まれているのは、人の胎盤でも同…続きを読む

「プラセンタ」と謳っているのにプラセンタではない!?プラセンタの種類と特徴

プラセンタとは「胎盤」という臓器のこと。受精卵が着床後に、細胞分裂してできるものです。プラセンタには、蛋白質やアミノ酸、ビタミン、ミネラル類、各種の酵素など人間を構成するほとんどの成分が含まれており、体に良い影響をもたらすと注目されています。 実際、世の中には多くのプラセンタ製品が販売されています。しかし、「プラセンタ」と謳っていても本当の意味ではプラセンタではない製品も並んでいます。今回は、プラ…続きを読む

ワルトンジェリーとは?進む臍帯の研究

プラセンタとは「胎盤」という臓器のこと。受精卵が着床後に、細胞分裂してできるものです。プラセンタには、蛋白質やアミノ酸、ビタミン、ミネラル類、各種の酵素など人間を構成するほとんどの成分が含まれています。これまで、「胎盤(プラセンタ)」に関する研究データをたくさん紹介してきました。 しかし、「臍帯」についての研究も進められているのをご存じでしょうか? 今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「臍帯の…続きを読む