「健康の定義とは?」「超高齢化社会、日本」【団克昭プラセンタ研究レポート19】

健康と高齢化

受講テーマ『病気にならない体づくり』 慶應義塾大学 医学部 漢方医学センター 団 克昭博士特別講演会 受講場所:新大阪ワシントンホテルプラザ 受講期間:平成28年1月13日(13:00から15:00) 健康の定義とは? WHO(世界保健機関)が発足したとき、「健康」は「完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態」と定義されました。これは、病気でなければ健康ということではなく、体も心も健康で、且つバラ…続きを読む

がんの進行が早いのはなぜですか? 早期発見がカギを握る!

がんの進行

厚生労働省のホームページによると、日本人の主要死因別死亡者数の第1位は「がん(悪性新生物)」とされています。 がんとは、細胞分裂の際に遺伝子情報の伝達エラーが蓄積され、修復できない状態のことです。 今や、日本人の3人に1人ががんにかかり、がんになった人のうち2人に1人が死亡するといいます。 なぜ助かる人と助からない人がいるのでしょうか? その差は、早期発見されたかどうかの違いです。 早期発見された…続きを読む

医薬品と予防機能素材の違いは?

「予防機能素材」という言葉を聞いたことはありますか? 弊社取扱い製品共同開発者である一般社団法人国際毛髪抗加齢医学学会・一般社団法人国際抗加齢免疫医学学会 理事長 団 克昭 博士は、予防医学という観点から、「予防機能素材」の研究を進めています。 健康食品やサプリメントは、体の中で不足している栄養素を補うものですが、予防機能素材は何なのでしょうか? 健康食品、医薬品、予防機能素材の立ち位置はそれぞれ…続きを読む

プラセンタサプリメントは安全? 副作用は?

白髪にプラセンタ

美容のイメージが強いプラセンタ。 実は、健康分野でも注目を集めています。 プラセンタ(Placenta)は新陳代謝を盛んにしたり、抵抗力を高めたりするため、摂取すれば身体本来の機能を取り戻すことが期待できます。 そのほかにも、ホルモンバランスや自律神経を整えてくれるため、メンタルヘルスの分野でも注目されています。 これだけ幅広い効果を期待できるプラセンタ。 でも、「副作用があったら……」と心配して…続きを読む

人間にとっての幸せとは何なのか【団克昭プラセンタ研究レポート18】

ウルグアイ大統領

受講テーマ『病気にならない体づくり』 慶應義塾大学 医学部 漢方医学センター 団 克昭博士特別講演会 受講場所:ANAクラウンプラザホテル福岡 受講期間:平成27年12月2日(13:00から15:00) 世界一貧しい大統領のスピーチ 世界を動かす言葉として、ウルグアイの世界一貧しい大統領のスピーチが話題になっているのをご存じでしょうか?今年3月まで大統領を務められたムヒカ大統領は、貧困な家庭に生ま…続きを読む

白髪染めでアレルギー反応がでる? 体に優しい白髪対策は?

白髪染めアレルギー

白髪対策といえば、「白髪染め」と考える人は多いと思います。 好きなときに気軽に染められるうえ、早く効果を体感できるため多くの人が使用しています。 しかし、頭皮に合わない場合、白髪染めはトラブルを引き起こす危険性があるということを忘れてはなりません。 実際に、白髪染めによるトラブルが増えているとテレビや新聞でも取り上げられています。 今回は、安全で体に優しい白髪対策についてお伝えします。 白髪染めの…続きを読む

臨床試験と治験の違いは?

臨床試験

日本では、病気の予防・診断・治療方法の改善や病気の原因の解明、患者の生活の質の向上を目的とした「臨床研究」が行われています。 臨床研究とは、人を対象とした医学研究全般を指す言葉です。その研究の中で「臨床試験」を実施しており、臨床試験の種類のひとつに「治験」があります。 このことから、臨床試験と治験は別物というわけではなく、治験は臨床試験の一部といえます。とはいえ、これらは同じ意味の言葉ではありませ…続きを読む

男性にも更年期障害ってあるの?

男性更年期障害

やる気がでない、身体がだるい……そんな悩みを抱えているなら、あなたは更年期障害かもしれません。 男性には女性の閉経のような変化はありませんが、加齢とともにホルモンが減少するのは女性と同じです。 男性の中には、ホルモン減少の影響を受け、鬱などの症状に苦しむ人も少なくありません。 ただ、男性の更年期障害は認知度が低く、「自分が更年期障害」と自覚できずにいる方も多いといいます。 女性のイメージが強い更年…続きを読む

DNA修復のメカニズムの解明【団克昭プラセンタ研究レポート17】

遺伝子

受講テーマ『病気にならない体づくり』 慶應義塾大学 医学部 漢方医学センター 団 克昭博士特別講演会 受講場所:ANAクラウンプラザホテル福岡 受講期間:平成27年11月4日(13:00から15:00) DNA修復のメカニズムの解明 ノーベル賞は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従ってつくられた賞です。スウェーデンの科学者・実業家であるノーベルは、ダイナマイトなどの…続きを読む

死亡原因1位! がんになる仕組みを知って予防しよう

がん予防

日本人の死亡原因1位とされている「がん(悪性新生物)」。 免疫力が落ちる高齢者ほど発症しやすいため、少子高齢化が進めばがんになる人が増え、がんで死亡する人もますます増加すると懸念されています。 健康寿命を全うするためには、がんにならないことが大切です。今回は、「がん」が発生するまでの流れを説明させていただきます。 「がん」になるまで がんは遺伝子のエラーが蓄積したものとされていますが、それはステー…続きを読む