プラセンタ研究レポート【団克昭 博士】

新しい時代の医療としてのプラセンタ研究が進んでいます。
プラセンタ研究の第一人者として長年研究を重ねてきた、団克昭博士による「プラセンタ講演会 〜病気にならない体づくり〜」を定期的に開催しています。
現在、全国四ヶ所で開催中。
お越しになれない方のために、講演会レポートを配信しています。
講演会スケジュールはこちら!
一般社団法人国際毛髪抗加齢医学学会・一般社団法人国際抗加齢免疫医学学会
理事長 団 克昭博士

「ストレートネックとは?」「予防医学とプラセンタ」【団克昭プラセンタ研究レポート12】

英国ケンブリッジ大学が選ぶ、世界700万人の医療関係者から特に医療の進歩に貢献した「近代医学の世界の100人」に認定された国際毛髪抗加齢医学学会・国際抗加齢免疫医学学会の現理事長である、団 克昭博士の講演会が福岡で開催されました。 ついに団博士のもとに、「近代医学の世界の100人」の賞状が届いたそうで、会場にも賞状が飾られていました。これは、団博士が世界的に認められた証です。 今回のプラセンタ特別…続きを読む

「プラセンタで血流量はあげられるか」【団克昭プラセンタ研究レポート11】

プラセンタで血流よくなる

英国ケンブリッジ大学が選ぶ、世界700万人の医療関係者から特に医療の進歩に貢献した「近代医学の世界の100人」に認定された国際毛髪抗加齢医学学会・国際抗加齢免疫医学学会の現理事長である団 克昭博士の講演会が、福岡で開催されたので参加してきました。 今回のプラセンタ特別講演会では、プラセンタを用いた細胞再生・免疫療法にまつわる研究の第一人者である団博士が、プラセンタの話に留まらず、最近話題の遺伝子検…続きを読む

「遺伝子と癌(がん)」【団克昭プラセンタ研究レポート10】

がん転移予測

国際毛髪抗加齢医学学会・国際抗加齢免疫医学学会の現理事長である団 克昭博士が、英国ケンブリッジ大学が選ぶ、世界700万人の医療関係者から特に医療の進歩に貢献した「近代医学の世界の100人」に認定されたことが発表されました。細胞再生医療や抗加齢の研究が高く評価され、その功績が受賞へと繋がったそうです。 これは、世界に医療関係者が700万人もいる中、上位100名に選ばれたという名誉あること。会場では、…続きを読む

医療の進歩に貢献した上位100名に認定【団克昭プラセンタ研究レポート9】

研究

国際抗加齢免疫医学学会に所属する団 克昭博士が、ケンブリッジ大学が選ぶ、「TOP100 HEALTH PROFESSIONALS -2014-」において、世界の約700万人の医療関係者から特に医療の進歩に貢献した上位100名に認定されたことが発表されました。これは、日本では美容のイメージが強いプラセンタが、海外では医療の分野でも注目されその研究が認められたという大変名誉あることです。 講演会では、…続きを読む

「遺伝子検査の可能性」【団克昭プラセンタ研究レポート8】

遺伝子検査

国際抗加齢免疫医学学会の理事である団 克昭博士のプラセンタ特別講演会。プラセンタの話に留まらず、最近話題の遺伝子検査についてもお話ししてくださいました。そして、プラセンタにまつわる症例の中からは、リクエストが多い癌(がん)の最新研究成果を発表されました。病気にならない体を作るための研究成果をレポートにしましたので、ぜひご覧ください。 ※本講演会の内容は、団博士の研究成果発表であり、当ショップの製品…続きを読む

プラセンタの研究成果~2014年総まとめ~【団克昭プラセンタ研究レポート7】

2014年最後の団 克昭博士特別講演会。今年の総まとめとして、団博士がプラセンタの全体像を踏まえたうえで、現在に至るまでの研究についてお話しして下さいました。プラセンタに関する情報が盛りだくさんの講演会をレポートにしましたので、ぜひご覧ください。 ※本講演会の内容は、団博士の研究成果発表であり、当ショップの製品の効果を保証するものではありません。 受講テーマ『プラセンタの研究成果~2014年総まと…続きを読む

プラセンタベーシックセミナー出席者レポート【団克昭プラセンタ研究レポート6】

健康

※今回のレポートは、「ナチュラルバイオ研究所プラセンタベーシックセミナー」のものです 受講場所:新大阪ステーションホテルアネックス 受講日:平成26年11月25日 プラセンタ(胎盤)と細胞再生療法、免疫療法 プラセンタとは胎盤という臓器のことで、受精卵が着床後、細胞分裂をして胎盤と胎児に分かれます。胎盤と胎児はへその緒と言われる臍帯(さいたい)でつながり、すべての細胞の元になる幹細胞を胎盤から胎児…続きを読む

アンチエイジング(ヘルシーエイジング)「細胞のエラー修復」【団克昭プラセンタ研究レポート5】

ヘルシーエイジング

今回の講演はアンチエイジング(ヘルシーエイジング)のお話から始まりました。少子高齢化が進む現在、『化学としてやれる事、いわゆる健康長寿を目指さなければいけない』と博士もおっしゃっておられました。 人間は生まれもって何もアクシデントに見舞われなければ、120歳まで生きられるという能力をみなさん持っているそうです。 それが途中でアクシデントに見舞われ、病気になってそれを全う出来ない、そして介護が必要に…続きを読む

ストレス応答とプラセンタの関係【団克昭プラセンタ研究レポート4】

慶応大学医学部 団 克昭博士特別講演会(2014年9月5日) ※本講演会の内容は、団博士の研究成果発表であり、当ショップの製品の効果を保証するものではありません。 受講場所:新大阪ワシントンプラザホテル 2階 桜の間 受講期間:平成26年9月5日(13:00から15:30) 「病気にならない体づくり」 なぜプラセンタなのか 糖尿病の治療から始まった博士の研究は、16年の月日をかけて薬の開発(スター…続きを読む