次の時代の医療

医療の発達とともに、病気を抱えながら生きる人が増えています。
「統合医療」「免疫療法」「予防医学」など、新しい時代における医療のあり方が変わってきています。

情報を集め、自分で治療法を選択していくことによって、生活の質(QOL)も向上します。
薬だけに頼らない病気との闘い方、付き合い方を考えます。

プラセンタベーシックセミナー出席者レポート【団克昭プラセンタ研究レポート6】

健康

※今回のレポートは、「ナチュラルバイオ研究所プラセンタベーシックセミナー」のものです 受講場所:新大阪ステーションホテルアネックス 受講日:平成26年11月25日 プラセンタ(胎盤)と細胞再生療法、免疫療法 プラセンタとは胎盤という臓器のことで、受精卵が着床後、細胞分裂をして胎盤と胎児に分かれます。胎盤と胎児はへその緒と言われる臍帯(さいたい)でつながり、すべての細胞の元になる幹細胞を胎盤から胎児…続きを読む

アンチエイジング(ヘルシーエイジング)「細胞のエラー修復」【団克昭プラセンタ研究レポート5】

ヘルシーエイジング

今回の講演はアンチエイジング(ヘルシーエイジング)のお話から始まりました。少子高齢化が進む現在、『化学としてやれる事、いわゆる健康長寿を目指さなければいけない』と博士もおっしゃっておられました。 人間は生まれもって何もアクシデントに見舞われなければ、120歳まで生きられるという能力をみなさん持っているそうです。 それが途中でアクシデントに見舞われ、病気になってそれを全う出来ない、そして介護が必要に…続きを読む

ストレス応答とプラセンタの関係【団克昭プラセンタ研究レポート4】

慶応大学医学部 団 克昭博士特別講演会(2014年9月5日) ※本講演会の内容は、団博士の研究成果発表であり、当ショップの製品の効果を保証するものではありません。 受講場所:新大阪ワシントンプラザホテル 2階 桜の間 受講期間:平成26年9月5日(13:00から15:30) 「病気にならない体づくり」 なぜプラセンタなのか 糖尿病の治療から始まった博士の研究は、16年の月日をかけて薬の開発(スター…続きを読む