健康維持

決して「健康」とは言えないけれど、明確な「病気」であるともまた、言えない状態。
このような状態を、「未病」と呼びます。

このまま放置すれば、いずれ重大な病気につながってしまうかもしれません。
けれど、人間というのは実際に病気にかかってみないことには、生活習慣を変えたり病院を訪れたりといったような具体的な対策は取らないものです。

後悔先に立たず。まだ防げるうちに、できることはするべきです。

非分解プラセンタは通常プラセンタと何が違うのか?

プラセンタを使った製品には、さまざまなものがあります。そのなかで、「非分解プラセンタ」と「通常プラセンタ」があるのをご存じでしょうか? 今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「非分解プラセンタと通常プラセンタの違い」についてお伝えします。 大きな違いは殺菌方法! 大きな違いのひとつが殺菌方法です。非分解プラセンタは、古くから使われる「低温殺菌」という手法で殺菌されています。低温殺菌は、L.パスツ…続きを読む

認知症は不治の病?進むプラセンタの研究

「認知症は不治の病」などと呼ばれるように、改善が難しい症状です。薬が処方されたとしても、その薬は「治す」ものではなく進行を「遅らせる」もの。認知症ご本人やご家族にとって、生活に支障をきたすこともあり大きな問題です。今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「認知症とプラセンタ」についてお伝えします。 そもそも、認知症とは? 「認知症」は、加齢による物忘れではありません。脳の細胞が死んでしまったり、働…続きを読む

うつ病と認知症の見分け方

うつ病は急激に症状が出る一方で、認知症は気づいたら症状が出ている。という特徴があります。そのほか、問いかけの受け答えにも差があり、うつ病の場合「わからない」という拒絶した回答をし、認知症の場合は的外れな答えをすることが多いです。また、うつ病には自責感が強い人が多い傾向があります。 現在、65歳以上の10人に1人が、うつ病を発症しているとされており、未然に防ぐ生活習慣が重要と考えられています。うつ病…続きを読む

更年期障害は国民病!?SMIでチェックしよう

婦人科系の症状として更年期障害がよく話題になりますが、ひとくくりに更年期障害といっても、症状はさまざまです。さらに、最近では男性にも起こりうる症状であることや、若年発症が進んでいることが問題視され、国民病と考えられつつあります。 あなたの体調はいかがですか? プラセンタ特別講演会で紹介された「SMI(簡略更年期指数)」を掲載しておりますので、ぜひチェックしてみてください。 「SMI(簡略更年期指数…続きを読む

ポイントは腸内環境?花粉症シーズンに私たちができること

いよいよ花粉症のシーズンが到来しました。毎年、この季節になるとマスクを着用した人が街を歩きます。それだけ、花粉症に悩む人が多いということでしょう。今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「花粉症」についてお伝えします。ぜひ、花粉症体質の改善にお役立てください。 花粉症薬の副作用 花粉症の症状を手っ取り早く抑えるために、薬を服用している人もたくさんいらっしゃるでしょう。実際、花粉症には、症状に応じて…続きを読む

老化の原因のひとつ「酸化ストレス」とは?

老化の原因には、「酸化反応」「糖化反応、」「炎症」があります。 もちろん老化の定義は慢性炎症であるという捉え方もありますが、今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「酸化ストレス」についてお伝えします。 酸素消費量と寿命の関係 老化の原因のひとつである酸化反応に対するストレス応答として「酸化ストレス」があります。動物において時間の概念は異なり、酸素消費量と寿命の関係が違います。マウスのような小さな…続きを読む

生命の誕生に欠かせない「胎盤」の神秘に迫る!

「胎盤(プラセンタ)」は、受精卵が着床後に細胞分裂してできるものです。胎盤には、蛋白質やアミノ酸、ビタミン、ミネラル類、各種の酵素など人間を構成するほとんどの成分が含まれています。 胎盤は生命の誕生に欠かせない臓器です。今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「生命の誕生に欠かせない胎盤の神秘」についてお伝えします。 妊娠のメカニズム~卵子と精子~ 胎盤の説明をする前に、卵子と精子についてお話しま…続きを読む

プラセンタ療法の情報が満載!『医師たちが選んだプラセンタ療法』

プラセンタとは「胎盤」という臓器のこと。プラセンタには、蛋白質、アミノ酸、核酸、酵素、必要な水分を保つムコ多糖体、成長因子などを含み、新陳代謝を促します。そのほか、体の調子を整えるミネラルやビタミンなど三大栄養素の働きをスムーズにしたり、エネルギーとなる脂質、脳や神経系の働きに必要な糖質が含まれていたり、体に足りないものを補ってくれます。 このような豊富な栄養成分が含まれているのは、人の胎盤でも同…続きを読む

「プラセンタ」と謳っているのにプラセンタではない!?プラセンタの種類と特徴

プラセンタとは「胎盤」という臓器のこと。受精卵が着床後に、細胞分裂してできるものです。プラセンタには、蛋白質やアミノ酸、ビタミン、ミネラル類、各種の酵素など人間を構成するほとんどの成分が含まれており、体に良い影響をもたらすと注目されています。 実際、世の中には多くのプラセンタ製品が販売されています。しかし、「プラセンタ」と謳っていても本当の意味ではプラセンタではない製品も並んでいます。今回は、プラ…続きを読む

要注意!糖化を進める現代人の生活

老化の原因は、酸化反応、糖化反応、炎症であるという考え方があります。つまり、糖化を防げば老化を防ぐことに繋がるということです。現在、昭和生まれの人の肥満率が増加しており、現代人の暮らしには、糖化になってしまう要素がたくさんあると考えられています。 今回は、プラセンタ特別講演会で紹介された「糖化を進める現代人の生活」についてお伝えします。   昭和から平成。生活の変化を考える 昭和生まれの…続きを読む